記事一覧

オリンピック柔道選手が好きな腕時計

大人気モデル「エクスプローラーⅠ」そっくりのルックスで人気を博した旧「エアキング」。現行「エアキング」は全く違ったデザインとサイズに進化しましたが、この「オイスターパーペチュアル」は旧モデルと似たルックスを持ち、旧型好きにはたまらないモデルといえるでしょう。ロレックス サブマリーナしかも、『ロレックス』の大高騰もあり、50万円台で新品の『ロレックス』が買えるのはもはやこれくらい。サイズは今となっては非常に小ぶりな34mmで、スーツの袖にスッポリと収まりますし、華奢な人にもおすすめできます。ロレックス 偽物何より、ダントツの知名度を誇る『ロレックス』ブランドの威力は強力で、どこへ行ってもイバリが効くのがうれしいですね。

『ブライトリング』はもっとも有名なパイロットウォッチブランド。腕時計というより計器、といわれるほどの精巧さで、腕時計好きを魅了してきました。この「クロノマット」は、メカメカしい印象があるパイロットウォッチにおいて、鏡面仕上げベゼルや丁寧な仕上げが施された5連ブレスの採用によって、ラグジュアリーな印象を持醸しだしモデルです。したがって、スポーツモデルながらエレガントなスーツにも対応できるのです。


特にヨーロッパにおいて、もっともメジャーな腕時計ブランドの1つが『ティソ』。1853年に創業した歴史あるスイスブランドながら、4万円以内で買えるエントリーウォッチから50万円を超える高級ラインまで揃える巨大メーカーです。豊富なラインアップを誇る『ティソ』において、20代にはやはりスイス時計らしく機械式がおすすめ。しかも、モータースポーツをイメージしたアクティブなクロノグラフなら、腕元を若々しく彩ってくれます。10万円を超えますが、スイス製クロノグラフムーブメントを積んでこのプライスなら、納得といえます。