記事一覧

まさにブラジルのアイデンティティ カラーです

フルスケルトン化されたムーブメントはブルーノ・セナの母国、ブラジルのナショナル カラーにペイントされています。グリーンのインデックス、イエローのブリッジ、そしてブルーの時分針、まさにブラジルのアイデンティティ カラーです。ウブロ 時計 中古シャーシはレーシング マシンにも多用されているハイテク素材、フォージド カーボン (1mm 径のカーボンワイヤーに極度の圧力と熱を与えて成型する。超軽量であり、耐久性強度にも優れる)を採用。フォージド カーボンは独特の紋様を持ち、1つとして同じものはありません。



ウブロスーパーコピー ビッグバン 301.PE.230.RW.114 ホワイト

型番 301.PE.230.RW.114

機械 自動巻き

材質名 ピンクゴールド・セラミック

宝石 ダイヤモンド

タイプ メンズ

文字盤色 ホワイト

文字盤特徴 アラビア

外装特徴 シースルーバック

ケースサイズ 44.0mm

機能 クロノグラフ

デイト表示

付属品 内・外箱

ギャランティー

プロフェッショナルに向けた時計づくりで知られる時計ブランド Bell & Ross にとって、一つ一つの時計は定める環境に応じて開発されています。スーパーコピー時計 Bell & Rossはダイバーのために深海の探索に完璧に呼応するツールを開発しました。最も深く暗い水中の中でもダイバーの任務を効率的に遂行することを可能にしてくれるのです。

国際規格ISO 6425 で定義された厳格な基準を満たす時計だけがダイバーウォッチと表記できます。公式の規格には非常に特殊な基準が設けられ、リストにはいくつもの基本的な技術的項目が記載されています。それらには、最低限100mの防水性能や分の刻みが入った逆回転防止ベゼルの設置と暗いところでも判読できるマーカー、暗いところでも判読できる視認性、帯磁性能などが含まれます。

【関連記事】:母への誕生日プレゼント

プロペラブレードの文字盤が個性的なエドックスの新作

エドックスは、機械式時計の魅力を堪能できる限定モデル「デルフィン メカノ 60th アニバーサリー リミテッドエディション」を発表した。パネライ 時計 ベルトプロペラブレードのモチーフにより、歩みを止めず進み続ける時をイメージし、カットワークを施したダイアルデザインが個性的だ。12月10日(金)より全国の販売代理店と、エドックス公式オンラインストアで一般発売を開始する。



エドックスは機械式時計の魅力を堪能できる、デルフィン初のスケルトンモデル「デルフィン メカノ オートマティック」を発表した。コレクションの中で最も長い歴史を持ち、 ブランドのアイコンとなっている「デルフィン 」は、1961年に世界初の特許を取得した防水機構、ダブルOリングを備えた腕時計として登場した。スケルトンが印象的な「デルフィン メカノ」ラインは、時計としての実用性、デザインの美しさの両面において品質を追求。防水機構や伝統的な意匠等のエドックスのレガシーを継承しながら、よりモダンなテイストを加えている。


「デルフィン メカノ オートマティック」に搭載した自動巻きムーブメントEDOX 853 は、香箱の一部をくり抜いてゼンマイの動きを見せるなど、繊細な工夫が細部に至るまで施されている。コンテンポラリーな雰囲気を纏うダイアルのカットワークは、 古代ギリシャ語で時間を意味するエドックスのブランド名を再解釈しデザインされた。美しいカットワークアートと精巧なムーブメントの動きを、心ゆくまで鑑賞することができる。


【関連記事】:【2021年】時計業界の新作発表は完全オンラインへ

カリ・ヴティライネンとコラボレーションしたローマ・シナジーで展開スタート

シュワルツ・エティエンヌのCEOであるMauro Egermini(マウロ・エジェルミーニ)は数年前にKari Voutilainen(カリ・ヴティライネン)に会いました。彼はすでにこのフィンランド人の並外れた仕事とその評判を知っていましたが、2人で話した時、マウロはカリの愛情のこもった謙虚さに心を打たれ、心が癒されました。2人の男は、再び数回話をする機会があり、最終的に何らかの形で協力する可能性を探りました。

Schwarz Etienne ROMA SYNERGY by Kari Voutilainen(シュワルツ・エティエンヌローマ・シナジーバイ・カリ・ヴティライネン)には、2つの会社の名前がついています。通常の顧客とサプライヤーという関係性ではありません。両社は、デザイン、ダイアルの製作、そしてムーブメントの仕上げに共同で取り組んできました。


殊のほか異例なことですが、シュワルツ・エティエンヌは、脱進機構のほとんどを社内で製造しています。これには、ガンギ車、アンクル、テンプ、そして最も注目すべきは、ヒゲゼンマイを自製していることです。非常に困難を極めるため、ヘアスプリングを自製している企業はほとんどありません。


カリ・ヴティライネンは、1962年生まれ、フィンランドのTapiola(タピオラ)にある時計学校に通っていました。彼は卒業後、WOSTEPでの指導、ParmigianiFleurier(パルミジャーニ・フルーリエ)での修復作業とユニークピースの製作など、時計業界においてさまざまな職務に就いてきました。

2002年カリは、Val-de-Travers(ヴァル・ド・トラベール)に自身のワークショップ、Les Ateliers Kari Voutilainen(レ・ザトリエ・カリ・ヴティライネン)を立ち上げました。自身の名を冠した時計の製作を始めて以来、彼の名前は、世界的に認められています。

【関連記事】:https://saichongp5966.wordpress.com/