記事一覧

バリエ豊富な機能を搭載した新生「マスター・コントロール」


ジャガー・ルクルトの新作ウォッチ「マスター・コントロール」コレクション4モデル
1933年に、高級複雑時計の聖地と称されるスイスのジュウ渓谷で創業したジャガー・ルクルト(Jaeger-LeCoultre)。180種もの職人たちの手により、デザインから組み立て、装飾に至るまでのすべてがひとつ屋根の下で行われるマニュファクチュールであり、現在までに1200以上のキャリバーを生み出すなど、ウォッチ業界を牽引するグランドメゾンとして、揺るぎない地位を築いています。

そんなジャガー・ルクルトの2020年新作には、毎日気軽につけられるステンレススティールケースが充実!

中でも注目は、1922年に登場して以来、精緻な技術と端正なスタイルが高く評価されてきた「マスター・コントロール」コレクションのリニューアルモデル。ブランド パロディジャガー・ルクルトが培ってきた創造性とノウハウを象徴する複雑機構が搭載された4モデルがお目見えしました。

1950年代のラウンド型ウォッチから着想を得たクラシカルなデザインコードを活かしつつ、各モデルの複雑機構を引き立てるよう、すっきりと都会的で洗練されたデザインを実現。

ストラップもアップデートし、ステンレススティールケースのタイムレスでカジュアルな雰囲気にマッチするようにと、本革の自然な風合いを残したマット仕上げのソフトな「ノボナッパ」カーフレザーが採用されています。

いつかは手にしたい憧れのジャガー・ルクルト。それぞれに魅力あふれる新作から、マイ・パートナーにふさわしい1本を探してください。



ジャガー・ルクルトの新作ウォッチ「マスター・コントロール・デイト」
新たにデザインされたケースの、エレガントで洗練された魅力がダイレクトに感じられるシンプルなデザイン。tote711 口コミシルバーサンレイ仕上げのダイヤルには、3時位置にデイト表示が搭載されています。



ジャガー・ルクルトの新作ウォッチ「マスター・コントロール・カレンダー」
曜日と月がダイヤル上部に表示され、ダイヤルの外周に記された日付を表示針が指し示すトリプルカレンダーモデル。ジャガー・ルクルトを象徴するカレンダー機能、「ジャンピングデイト」が搭載されており、毎月15日から16日に変わる際にムーンフェイズを隠さないよう、針がジャンプして移動します。

【おすすめの関連記事】:http://tomiyuki.top