記事一覧

セイコー【2021 新作】ヴィンテージスタイルを再現した、プレザージュの新シリーズ「Style60's」が登場

セイコー プレザージュの新シリーズ「Style60's」が登場した。時代を超えて愛されるセイコーの1960年代スタイルを再現し、機械式時計の奥深さを感じられる、6本のモデルがラインアップされる。


60年代スタイルを継承
 セイコーは2021年の新作として、プレザージュの新シリーズを発表した。スーパーコピー時計今回新たに登場したシリーズは「Style60's」と名付けられ、セイコーの1960年代のヴィンテージスタイルの意匠を感じられる仕様が特徴だ。中3針タイプと9時位置に開口部を設けたセミスケルトンタイプの2種類があり、それぞれに3つのカラーバリエーションが用意されている。



セイコー「プレザージュ Style60's」 左からSARY189、SARY191、SARY192
自動巻き(Cal.4R39)。24石。2万1600振動/時。パワーリザーブ約41時間。SS(直径40.8mm、厚さ12.8mm)。5気圧防水。全て6万6000円(税込み)。2021年6月10日発売予定。
 デザインのベースとなったのは、64年に発売された「クラウン クロノグラフ」である。国産初のクロノグラフとして生み出されたこのモデルは、当時は主流だったボックス型の風防を持ち、見切りが広く視認性の高いダイアル、アラビア数字が施されたソリッドなベゼルなど、画期的な新機能を複数有していた。



クラウン クロノグラフが持つデザインの意匠を活かしながら、プレザージュシリーズにヴィンテージ感を加えたのが今回登場したシリーズだ。グランドセイコー コピー特徴的なボックス型のガラス風防を採用することで柔らかな印象を持たせ、立体的なインデックスやシャープな形状の針を継承。インデックス周囲の外周部にはサークル状のエンボス加工を施すことにより、視認性を向上させるだけでなく、見る角度によって表情を変化させる。

 カラーはベーシックなブラック、クラウン クロノグラフに最も近いヴィンテージ感のあるアイボリーに加え、1960年代に流行したアースカラーをイメージしたグリーンがラインアップに加わった。針に塗布されたルミブライトのカラーをアイボリーにすることで、当時の雰囲気の再現度を高めている。

セイコー「プレザージュ Style60's 」左からSARY193、SARY195、SARY197
自動巻き(Cal.4R35)。23石。2万1600振動/時。パワーリザーブ約41時間。SS(直径40.8mm、厚さ12.8mm)。5気圧防水。SARY193、SARY195:6万500円(税込み)。SARY197:5万5000円(税込み)。2021年6月10日発売予定。
 搭載するムーブメントは、中3針タイプがキャリバー4R35、セミスケルトンタイプが4R39だ。タグホイヤー 時計 人気前者はカレンダー機能で実用性を高め、後者はダイアルの開口部からムーブメントの一部を鑑賞することができ、双方ともに機械式時計ならではの動きを楽しめる。また、プレザージュとして初めてナイロンストラップを採用したモデルも用意され、カジュアルな装いにもマッチするだろう。

トケマーで見つけた これは買いな

2月も終わりに近づき、梅の花も見ごろな今日この頃。

桜の開花もあと少しといったところでしょうか。

暖かくなってくると、服装も薄着になってくるというもので、腕元が目立つ季節になってきますね。

そこで、今回はみんな大好きトケマーから、チュードル 時計これは買いなおすすめの1本を見ていきたいと思います。

それではさっそく見ていきましょう。

ジラール・ペルゴ ロレアート クロノグラフ

1本目は、ジラール・ペルゴ ロレアート クロノグラフ。

お値段の方は、868,000円。

非常に高級感漂うジラール・ペルゴのロレアートシリーズ。

八角形のケースは以前からあったものの、ここ最近、採用するブランドも多く、トレンドになってきていますね。

クロノグラフでありながら、ケースサイズは38mmに抑えられているということで、同社の技術力の高さが伺えます。

比較的小ぶりなケースのため、スーツを着た時の袖口にもすっきりと収まり、ビジネスシーンでも映えること間違いなしですね。

一般的な知名度はそれほど高くないと思われるので、他人とかぶることも少ないのではないでしょうか。

所有満足度も高そうですね。

IWC ポルトギーゼ ヨットクラブ

2本目は、IWC ポルトギーゼ ヨットクラブ。

お値段の方は、830,000円。

IWCの人気モデル、ポルトギーゼシリーズの中でもさらに人気の高い、ヨットクラブ。

スポーティーなデザインが人気のモデルですね。

クラシカルなデザインのポルトギーゼが多い中、こちらのモデルはオンでもオフでも違和感なく使えるのではないでしょうか。

オフでも着けられると、やはり使い勝手もよくていいですね。

ロレックス エクスプローラー 1016

3本目は、ロレックス エクスプローラー 1016。

お値段の方は、1,898,000円。

1985年製ということで、最終モデルでしょうか、かなり後期のモデルになりますね。

この年代のモデルで、3年前に日本ロレックスでオーバーホールを受け、その後、ほとんど使用していないミントコンディションのモデルは、世界中探してもそうそう出てこないのではないでしょうか。

探してもなかなか出てこないようなモデルとの出会いというのは、まさに一期一会、迷っている暇はありません。

こういったモデルがポンと出てくるのも、トケマーの魅力ですね。

ブレゲ アエロナバル

4本目は、ブレゲ アエロナバル。

お値段の方は、550,000円。

コンプリート仕上げ後、未使用ということで極上品のアエロナバル。

ブレゲがこのモデルを復刻した当時は、かなり話題になり、世界中で売れに売れましたね。

もちろん、現在でも人気のモデルで、日付表示のないすっきりとした文字盤はファンも多いモデルになります。

パイロットウォッチの復刻版ということで、ミリタリー系のものが好きな方にもおすすめですね。

フライトジャケットなんかとの相性も抜群ではないでしょうか。

ブレスレットを装着していますが、ブラウンレザーのストラップを着けても、とても似合いますよ。

IWC インヂュニア

5本目は、IWC インヂュニア。

お値段の方は、400,000円。

現在は廃番になっていますが、確か15年ほど前に復刻されたインヂュニアシリーズ。

私もこのモデルを買おうと思って、当時、コツコツと貯金していたものです。

結局、縁がなく買わず仕舞いでしたが、それでもこのデザインは今見てもかっこいいですね。

未使用品ということで、状態は文句ないといったところでしょうか。

お値段も比較的、安く設定されていますので、下手に新品のものを買うよりも、お得な買い物ができるかもしれませんよ。

まさに、これは買いな1本と言えるのではないでしょうか。

ヴァシュロン・コンスタンタン オーヴァーシーズ

6本目は、ヴァシュロン・コンスタンタン オーヴァーシーズ。

お値段の方は、1,600,000円。

スモールサイズとありますが、37mmですので多くの日本人にとってはむしろ、ジャストサイズという方も多いのではないでしょうか。

ヴァシュロンのオーヴァーシーズと言えば、パティック・フィリップのノーチラス、オーデマ・ピゲのロイヤルオークと並ぶ、ラグジュアリースポーツウォッチの最高峰と個人的には思うのですが、なぜかこのオーヴァーシーズだけは他のモデルに比べて、比較的手に入れやすい価格なのでございます。

そういう意味では、非常にお買い得な、これは買いな1本ではないでしょうか。

貪欲に進化を続ける定番


SSケース、自動巻き、42mm径、200m防水。52万5000円/ブライトリング(ブライトリング・ジャパン 03-3436-0011)
ブライトリング/スーパーオーシャン ヘリテージ B20 オートマチック42

空の雄ブライトリングもダイバーズをいち早く手掛け、海の覇権を握ったブランドのひとつだ。

そのスタートは1957年に遡り、当時ダイビングは軍用や海洋探査からレジャースポーツとして一大ブームとなり、増大したダイバー向けに画期的な200m防水を備えたコレクションを発表した。

そのオリジナルのデザインを再現したのがこのヘリテージラインだ。



こちらはメタルのブレスレットタイプ。SSケース、自動巻き、42mm径、200m防水。56万円/ブライトリング(ブライトリング・ジャパン 03-3436-0011)
針の意匠や立体的なインデックスは継承しつつ、先進技術を注ぎ、ベゼルリングにはセラミックスを採用し、耐傷性や耐久性も優れる。

さらにその象徴となるのがキャリバー20の搭載だ。チューダーとの共同開発と、新興ムーブメント会社ケニッシの製造により、約70時間のパワーリザーブを誇る。これも従来の汎用ムーブメントに制約されることなく、理想とするムーブメントを求めた結果だ。

チューダーはロレックスの品質と信頼性を擁することでも知られ、新世代の技術提携への期待も高まる。


ティファニー、ブルガリ、カルティエ…… ハイジュエラーによるドレスウォッチ


SSケース、39.5mm径、自動巻き。99万円/タサキ 0120-111-446
TASAKI
タサキ/バランス
日本を代表するハイジュエラーのタサキが、アイコンであるジュエリーシリーズ「バランス」のモチーフをオリジナルウォッチに展開した。

円形ケースをバランスボールに見立て、上下にはバー状のラグを備える。ラウンドケースと調和させた構築的な幾何学デザインに、静謐な和のモダニティが漂う。2針スモールセコンドという削ぎ落とした機能には、スイスのヴォーシェ社と共同開発した自動巻きムーブメントを搭載。

ひけらかさない美学に品格が宿る。



K18PGケース、38mm幅、手巻き。196万9000円/ショーメ 03-5635-7057
CHAUMET
ショーメ/ダンディ
ショーメは、名門グランサンク(パリ5大ジュエラー)のひとつとして知られる。しかしその魅力は決して女性たちだけのものではない。「ダンディ」は、まさに洗練された男のドレススタイルを表現する。

優美なクッションケースに、ダイヤルにはシャープな水平ラインとともに、アイコンであるバヤデールストライプをさりげなく刻む。これは1970年代に英国軍が採用したパターンであり、タキシードの側章を思わせるエレガンスと男らしさを両立するのだ。



SS×K18PGケース、41mm幅、自動巻き。86万9000円/ブルガリ(ブルガリ ジャパン 03-6362-0100)
BVLGARI
ブルガリ/オクト ローマ
今や「オクト」は、コレクション名が示す八角形のモチーフとともにブルガリのアイコンウォッチとなった。その魅力の幅を広げ、2017年に登場したシリーズが「オクト ローマ」だ。

八角形と円の織りなす美しいデザインを継承しつつ、シンプルな面造形にすることでドレッシーさを増し、フォーマルにも向く。さらにベゼルを従来のワンピース構造から別体にすることで、異なる素材や仕上げによるエレガンスなコンビカラーを実現しつつ、そこにも力強い存在感を秘める。

【関連記事】​​​​​​​: ブランド時計コピー専門店