記事一覧

海好きはやっぱりこのカラー! オーシャンズブルーな腕時計

無条件に海が好きだ。だから、名前やデザインに海を感じる時計がどうも気になってしまう。ダイバーズを筆頭に、海のようなブルーを採用した時計。ブランド時計 コピーそんな“オーシャンズ”なヤツを一堂に会してみる。

EDOX
エドックス/グランドオーシャン クロノグラフ オートマチック
ヨットを愛する男の世界を華麗に、逞しく彩る



SS(ピンクゴールドPVD加工)ケース、45mm径、自動巻き。37万円/GMインターナショナル 03-5828-9080
エキサイティングかつラグジュアリーなヨットの世界観を表現した人気マリンウォッチ「グランドオーシャン」。

12時位置の30分積算計には4分の位置に0を記し、レースのスタートに不可欠なカウントダウンタイマーとして機能。

そして曲線ケースに存在感を抑えたベゼル、3本ラグが個性を主張するエレガントなデザインに。そこにネイビー×PGカラーの美しい配色が優雅な雰囲気を漂わせている。

FRANCK MULLER
フランク ミュラー/スカファンダー
あのブランドから登場した待望のマリンウォッチ!



SSケース、縦57×横46mm、自動巻き。170万円[予価]/フランク ミュラー ウォッチランド東京 03-3549-1949
1931年に世界で初めて開発された宇宙服「スカファンドル」がその名の由来、トノー型のマリンウォッチだ。

宇宙遊泳と潜水のイメージを重ねたネーミングに、フランク ミュラー一流のセンスが宿る。

ダイヤル中央にはロック機能が付いたインナーベゼルを装備し、夜光塗料を十分に塗布したインデックスと相まって、海中での視認性、操作性に長けた作りに。

RADO
ラドー/トゥルー シンライン ネイチャー
神秘的な青を高い技術とセンスで腕元に再現



ハイテクセラミックスケース、39mm径、クオーツ。21万円/スウォッチ グループ ジャパン 03-6254-7330
タグホイヤー 時計 ゴルフ」と銘打たれた深く美しい青。それはラドーのセラミックス形成技術によってのみ作られる特別なカラーだ。

最新作は大自然から着想を得て、“Water=水”を表現する。そしてケースカラーだけでなく、ダイヤルもまたブルーのマザー・オブ・パールに海の潮の満ち引きを思い起こすペイントを施し、自然の神秘を感じさせる。


【関連記事】:世界のRIMOWAスーツケース特集

飽くなき向上心にグッとくる、エポックメイキングな時計

機械式時計は、原理こそ1世紀以上前のクラシックだが、時とともに研鑽され、それぞれの時代で新たな潮流を生み出した。

それは今も変わりなく続く。やがて後世において、その1本が時計を進化させたと称されるかもしれない。今回はエポックメイキングな時計、前編。

PIAGET
ピアジェ/アルティプラノ-アルティメート・オートマティック
極薄ムーブメントに秘めたメゾンの創造性と矜持


SSケース、40mm径、自動巻き。26万7000円/ロンジン 03-6254-7351
2005年に誕生したロンジン マスターコレクションは、実用道具としての高い完成度と伝統が息づくスタイルで、ブランドの揺るぎないシンボルになった。

そして今年、満を持してアニュアルカレンダーを搭載。月の大小を時計が判断し、着用者は2月末日のみ修正するだけで、1年間正確にカレンダーを日捲りする。コンプリケーションに準ずる機構にもかかわらず、並列した小窓でデイデイトを表示するさりげないデザインも好ましい。

そこに込められたのは、より日常的な道具として機械式時計の完成度を追求する情熱。オメガ時計 メンズ 人気それは良心的なプライスにもしっかり反映されており、ブランドの誠実さがひしひしと伝わってくる。

BAUME & MERCIER
ボーム&メルシエ/クリフトン ボーマティック
日々をともに過ごし、寄り添う道具だから



SSケース、40mm径、自動巻き。30万5000円/ボーム&メルシエ 03-4461-8030
ボーム&メルシエは、品質・デザイン・プライスの三拍子が揃ったブランドとして高く評価される。

初の自社開発ムーブメントとなったボーマティックにおいても、何よりも使う側の満足度を追求している。

1500ガウスの高耐磁性は、身の回りの磁気から精度を守り、120時間のロングパワーリザーブは、5日間身に着けずにいても動き続ける。これは安定したトルクを供給し、だからこそ日差-4〜+6秒の精度を保てるのだ。



さらにムーブメントに要する潤滑油から見直し、高品質のものを使うことで、通常は5年とされるメンテナンス頻度をさらにのばした。時計を生活道具として磨き上げた末のエポックメイキングである。


【関連記事】:おしゃれなデザインが豊富にそろうブランド

“遠きにありて思うもの”にあらず。宇宙とツナガル時計

そもそも時を刻む行為そのものが天体の動きを視覚化したもの。月の動きを愛でるムーンフェイズにはロマンさえ漂う。翻って現代では、精度のため人工衛星と交信するまでに。時計を通じて遠い宇宙との“ツナガリ”を腕元に収める人智に改めて感じ入る。



左●OMEGA オメガ
スピードマスター グレーサイド オブ ザ ムーン “メテオライト”
ムーンウォッチに収まる“宇宙からの贈り物”
NASAのアポロ計画において、成功した6回の月面着陸ミッションすべてに携行された名作「スピードマスター」。“ムーンウォッチ”の異名を取る名作の偉業を称え、「宇宙」に関連するモデルが多く揃う。

なかでも本作は、アフリカ南西部にあるナミビアに落ちたとされるギベオン隕石の薄片をダイヤルに使用。酸によるエッチングが生み出すウィドマンシュテッテン構造は、ほかにふたつとない格子模様に。また、セラミックスベゼルや針、インデックスなど随所に配されるセドナゴールドは、宇宙空間に煌めく惑星のよう。セラミックスケース、44.25mm径、自動巻き。156万円/オメガ 03-5952-4400

中●VACHERON CONSTANTIN ヴァシュロン・コンスタンタン
フィフティーシックス・コンプリートカレンダー
規則正しい天体の動きを整然としたダイヤルで表現
月と曜日も表示するコンプリートカレンダーと月齢を表示するムーンフェイズを併載。天体の動きに基づくこれらの表示を、世界最古のウォッチメーカーの技術と機能美により表現されたのが、本作の美点だ。

左右対称に配置されたデイ&マンス、針式のデイト、6時位置のムーンフェイズの各表示は、オパーリンとサンバーストで仕上げ分けられたダイヤル上に完璧な美観を形成する。しかも、2018年の時計界の話題をさらった新コレクション「フィフティーシックス」に搭載されている点も見逃せない。SSケース、40mm径、自動巻き。250万円/ヴァシュロン・コンスタンタン 0120-63-1755

右●CAMPANOLA カンパノラ
コスモサイン
満天の星空を正確にまるごとデザイン
見上げた星空の美しさを、大胆にも星座早見表としてそのままダイヤルに閉じ込めた、「コスモサイン」の名に恥じない一本。日本の本州を東西に走る、北緯35度から見える全天星座を、14版も重ねた精緻な印刷で、漆黒の文字盤上に配置。

実に恒星1027個、星雲・星団166個もの星々を記した星座版は、時刻に合わせて時計表示と逆回転し、リアルタイムの星座を正確に表示する。黒文字盤のモデルでは、方位高度線をグレーにすることで、コントラストを落とし、視認性を高めるという工夫も凝らされている。SSケース、44mm径、クオーツ。28万円/カンパノラ


【関連記事】:スモール トップハンドルバッグ

時間と革新は絶えず進むもの。HYTのダイナミックな挑戦「H5」

流体が時を表示する
 液体で時間を表すという発想の起源は古く、紀元前16世紀頃には既に水で時間を計測する「水時計」が存在していたと言われている。現存最古のものは紀元前15世紀頃、古代エジプトで用いられていた水時計だ。これは容器に開けられた小さな穴から水が流れ出ることで水位が変化し、容器の内側に付けられた目盛りと水面によって経過した時間を測ることができるものだった。古代ギリシア人はこのような水時計をクレプシドラ(水泥棒)と呼び、裁判の時間測定などに使っていたようだ。
 その後ギリシア・ローマ時代を通じて水時計の技術は向上し、そのために発明された複雑な歯車機構はオートマタ技術へと繋がっていく。スーパーコピー時間の経過を可視化したこの水時計は、日時計と共に最古の計時器具であると考えられている。エジプト、ヨーロッパのみならず、「漏刻」と呼ばれるアジア版の水時計も存在していることを考えると、「時」という存在を計測し、変遷を確認するという行為がいかに人類の歴史の中で長く行われてきたことか想像できるだろう。



着色された流体は近い過去を記録し、透明な流体は近い未来を示す。この2つが出会う場所がメニスカス、すなわち現在。


43名の専門チームが革新を起こす
 HYTは科学、ハイテク、哲学、芸術、およびデザインを統合する生態系だと自らを表現する。時計の製造はスイス・ヌーシャテルで行われる。クロノードやルノー・エ・パピと協力した機械式時計における最高峰の技術と、医療・化学・物理学・宇宙工学などの様々な先端技術を融合し、1mmのプレキシガラス製のキャピラリー(毛管)の中で2つの異なる液体により時間を表示する、という世界初の技術は時計史に残る技術革新であり、HYTのすべての時計に搭載されている。

 今回発表された「H5」モデルは時間の流れとその経過、価値の両方に注目を集められるようなスタイルで時間を表示することを目指して作られた。ゆっくりとした2つの流体のせめぎ合いは、自然界の侵食を彷彿とさせる。オメガ スーパーコピー山々や渓谷、海岸を形成してきたのと同じように、HYTの時間に対する認識を形作るダイナミックなデザインだ。



対極性が新しいコラボレーション
 3年をかけて開発された501キャリバーは、機械工学と流体工学という矛盾が生じかねない技術の力関係を、巧みに操ることのできる機構の実現につながった。また技術面だけではなく、いつまでも見ていられるような透明感を持つデザインは、あらゆる角度からこの時計を鑑賞したくなる魅力を兼ね備えている。



機械式手巻き、特殊キャリバー501。41石。2万8800振動/時。パワーリザーブ65時間。SS(48.8mm、厚さ20.08mm)。50m防水。25個限定。791万円(税別)。


【関連記事】:愛媛県の最新ファッション情報

ミドー、美しいグラデーションダイアルが魅力の「コマンダー ブルーシェイド」を新発売

ミドーは、新しく「コマンダー ブルーシェイド」を発売する。ウブロ(HUBLOT)の腕時計製品一覧これは、ブラックPVD 加工が施されたブレスレット一体型ケース、ブラックとブルーのグラデーションダイアルが採用されたレトロな外観を持ちながらも、80時間ものパワーリザーブを誇る最新ムーブメントが搭載されたモデルである。

オールブラックのケースとグラデーションダイアルが織りなす、レトロで妖しい魅力にあふれたモデル



ブラックとブルーのグラデーションダイアルが美しい。1970年代のモデルをモチーフとしており、小ぶりなケースサイズや筆記体のロゴ、ブレスレット一体型のケースなど、随所にレトロなデザインが盛り込まれている。自動巻き(Mido Caliber 80)。25石。2万8800振動/時。パワーリザーブ80時間。SS+ブラックPVD(直径37mm、厚さ 10.45mm)。5気圧防水。10万7千円(税別)
 ミドーは、同社を代表するコレクションである「コマンダー」より、「コマンダー ブルーシェイド」を発売する。同社のコレクションは、ローマのコロッセオやロンドンのロイヤル・アルバート・ホールなど、その多くが著名な建築物にインスピレーションを受けており、「コマンダー」も例外ではない。エッフェル塔をイメージした「コマンダー」は、1959年に登場し、今日に至るまでラインナップされ続けている同社の代表的なコレクションだ。

 新しく発売される「コマンダー ブルーシェイド」は、ブラックPVD 加工が施されたブレスレット一体型のモノコックケースが特徴的なモデルである。ダイアル外周をブラックとしたブルーのグラデーションダイアルは、モデル名でもある「シェイド」を表現したものである。ダイアル上のブランドロゴは、筆記体の旧タイプが採用されており、流線形のエレガントなフォルムやミラネーゼメッシュブレスレットと相まって、全体をレトロな雰囲気に纏め上げている。

 しかしながらレトロな外観とは裏腹に、搭載されているムーブメントは最新のものである。80時間ものロングパワーリザーブを誇る「Mido Caliber 80」は、ETA社のムーブメントをブランド専用にチューンナップしたものである。比較的手にしやすい価格帯でありながらも高性能なムーブメントを採用することができるのは、多くの優れたリソースを擁するスウォッチグループならではである。

 1918年に創業し、長い歴史を持つミドー。「コマンダー ブルーシェイド」は、同社が大事にしてきたトラディショナルなデザインと最新の技術の両方を堪能できるモデルだと言えるだろう。


【関連記事】:青森県の最新ファッションブランド

元レーサーのローラン・フェリエ 2021新作モデル『トゥールビヨン グランスポーツ』

スイスの高級時計メゾン「ローラン・フェリエ」は、ブランド創業メンバーがともに戦ったル・マン24 時間耐久レースへの出場40周年と、ブランド初のトゥールビヨンの誕生10 周年を祝し、独創的でスポーティーなスタイルが特徴の新コレクション『トゥールビヨン グランスポーツ』を発表した。


ローラン・フェリエ『トゥールビヨン グランスポーツ』
■手巻き。21,600振動/時。SSケース(直径45 mm)。100 m防水。世界限定12 本。22,800,000円(税別)。今夏発売予定。



ローラン・フェリエ氏は、今日では優れた独立時計師としてよく知られているが、40年前の1970 年代に遡ると、数々の一流カーレースの出場者名簿で見ることのできる名前だった。様々な伝説を残している”ル・マン24時間耐久レース”へ、7度の出場経験のあるローランは、1977 年にプロトタイプ2 のカテゴリーで優勝している。ローランが、レースドライバー仲間であり実業家のフランソワ・セルヴァナンと出会ったのはこの頃で、二人は1979 年にクレイマー・レーシング・チームのポルシェ935T に同乗してレースに参加し、見事3 位に入賞した。競争相手の殆どが専業のF1ドライバーであったことを考えると、二人の成績はいっそう注目に値する功績と言えるだろう。二人の情熱は薄れることなく、2009 年に時計ブランドとしてローラン・フェリエを設立するに至った。



一般的にトゥールビヨン機構を搭載した時計は、ダイアル側からその機構や動きを見ることが出来るが、ローラン・フェリエの場合、精度および調速機構の信頼性を保証するという本来の機能的目的を果たすために、裏蓋のシースルーバック仕上げを通してのみ見ることのできる設計になっている。
 19世紀の主要な高性能モデルからインスピレーションを受けたキャリバーの構造は、ロングブレード式のラチェット装置を組み込んだ手巻機構を採用。巻き上げの際に感じる心地よい感触と繊細な作動音からその良さが伝わってくる。ムーブメントにはルテニウムコーティングされたサテン仕上げが施され、よりスポーティーな雰囲気を醸している。このキャリバーに施された究極の仕上げは、トゥールビヨン・キャリッジの30カ所におよぶ鏡面仕上げや面取り仕上げに見ることができる。

アンジェラスから「U52 ルイス・カンポス・エディション」が登場

アンジェラスは、サッカークラブのスポーツディレクターとして活躍するルイス・カンポスとパートナーシップを結び、新作時計「U52 ルイス・カンポス・エディション」を発売した。随所にサッカーのモチーフを散りばめたこのモデルは、世界限定25本での販売となる。


随所にブルーカラーがあしらわれた「U52 ルイス・カンポス・エディション」。鮮やかなターコイズブルーのラバーストラップが目を引く。


敏腕スポーツディレクター、ルイス・カンポスとのコラボレーションモデル
 レアル・マドリードやASモナコ、LOSCリール・メトロポールなどのサッカークラブで、スポーツディレクターとして腕を奮ってきたルイス・カンポス。キリアン・ムバッペやニコラ・ぺぺといった逸材を見出し、若手発掘の達人として名を馳せる人物だ。今回、アンジェラスはルイス・カンポスとパートナーシップを結び、フライングトゥールビヨンを搭載した限定モデル「U52 ルイス・カンポス・エディション」を発売した。



ケースバックには、この時計が25本のうち何番目であるかを示すナンバーが刻まれている。ムーブメントを表裏のどちら側からも堪能できるのは、スケルトン仕様だからこその楽しみだ。
 9時位置のスモールセコンドには、サッカーボールをモチーフとしたデザインを施し、秒針ではなくサッカーボールが回転することにより秒数を表示する。また文字盤外周の60分スケールの目盛りには、サッカーの試合時間を測ることができるよう、アンジェラスのロゴが配されたゼロ位置から45分位置まで、三角形のマークが施されている。

 搭載するムーブメントは、フライングトゥールビヨンを搭載したスケルトンキャリバーA-300。同社のダイバーズウォッチ「U50」の技術仕様を採用し、300mの防水性能を備えている。ベゼルの青くカラーリングされた部分はラッカーではなく、ナノメートル単位のエングレービングで使用するレーザーシステムによって、青い光だけを反射するようケース表面の原子構造を変えることで実現している。チタンを採用したケースは、スケルトンムーブメントとともに時計本体の軽量化に寄与している。スポーツディレクターという、サッカーの表舞台を支える仕事にスポットライトを当てたこのコラボレーションモデルは、世界限定25本での販売となる。



アンジェラス「U52 ルイス・カンポス・エディション」
手巻き(Cal.A-300)。23石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約60時間。Ti(直径45mm、厚さ12.47mm)。300m防水。世界限定25本。472万8000円(税別)。


【関連記事】:都市文芸気腕時計

セイコー【2021 新作】ヴィンテージスタイルを再現した、プレザージュの新シリーズ「Style60's」が登場

セイコー プレザージュの新シリーズ「Style60's」が登場した。時代を超えて愛されるセイコーの1960年代スタイルを再現し、機械式時計の奥深さを感じられる、6本のモデルがラインアップされる。


60年代スタイルを継承
 セイコーは2021年の新作として、プレザージュの新シリーズを発表した。スーパーコピー時計今回新たに登場したシリーズは「Style60's」と名付けられ、セイコーの1960年代のヴィンテージスタイルの意匠を感じられる仕様が特徴だ。中3針タイプと9時位置に開口部を設けたセミスケルトンタイプの2種類があり、それぞれに3つのカラーバリエーションが用意されている。



セイコー「プレザージュ Style60's」 左からSARY189、SARY191、SARY192
自動巻き(Cal.4R39)。24石。2万1600振動/時。パワーリザーブ約41時間。SS(直径40.8mm、厚さ12.8mm)。5気圧防水。全て6万6000円(税込み)。2021年6月10日発売予定。
 デザインのベースとなったのは、64年に発売された「クラウン クロノグラフ」である。国産初のクロノグラフとして生み出されたこのモデルは、当時は主流だったボックス型の風防を持ち、見切りが広く視認性の高いダイアル、アラビア数字が施されたソリッドなベゼルなど、画期的な新機能を複数有していた。



クラウン クロノグラフが持つデザインの意匠を活かしながら、プレザージュシリーズにヴィンテージ感を加えたのが今回登場したシリーズだ。グランドセイコー コピー特徴的なボックス型のガラス風防を採用することで柔らかな印象を持たせ、立体的なインデックスやシャープな形状の針を継承。インデックス周囲の外周部にはサークル状のエンボス加工を施すことにより、視認性を向上させるだけでなく、見る角度によって表情を変化させる。

 カラーはベーシックなブラック、クラウン クロノグラフに最も近いヴィンテージ感のあるアイボリーに加え、1960年代に流行したアースカラーをイメージしたグリーンがラインアップに加わった。針に塗布されたルミブライトのカラーをアイボリーにすることで、当時の雰囲気の再現度を高めている。

セイコー「プレザージュ Style60's 」左からSARY193、SARY195、SARY197
自動巻き(Cal.4R35)。23石。2万1600振動/時。パワーリザーブ約41時間。SS(直径40.8mm、厚さ12.8mm)。5気圧防水。SARY193、SARY195:6万500円(税込み)。SARY197:5万5000円(税込み)。2021年6月10日発売予定。
 搭載するムーブメントは、中3針タイプがキャリバー4R35、セミスケルトンタイプが4R39だ。タグホイヤー 時計 人気前者はカレンダー機能で実用性を高め、後者はダイアルの開口部からムーブメントの一部を鑑賞することができ、双方ともに機械式時計ならではの動きを楽しめる。また、プレザージュとして初めてナイロンストラップを採用したモデルも用意され、カジュアルな装いにもマッチするだろう。

トケマーで見つけた これは買いな

2月も終わりに近づき、梅の花も見ごろな今日この頃。

桜の開花もあと少しといったところでしょうか。

暖かくなってくると、服装も薄着になってくるというもので、腕元が目立つ季節になってきますね。

そこで、今回はみんな大好きトケマーから、チュードル 時計これは買いなおすすめの1本を見ていきたいと思います。

それではさっそく見ていきましょう。

ジラール・ペルゴ ロレアート クロノグラフ

1本目は、ジラール・ペルゴ ロレアート クロノグラフ。

お値段の方は、868,000円。

非常に高級感漂うジラール・ペルゴのロレアートシリーズ。

八角形のケースは以前からあったものの、ここ最近、採用するブランドも多く、トレンドになってきていますね。

クロノグラフでありながら、ケースサイズは38mmに抑えられているということで、同社の技術力の高さが伺えます。

比較的小ぶりなケースのため、スーツを着た時の袖口にもすっきりと収まり、ビジネスシーンでも映えること間違いなしですね。

一般的な知名度はそれほど高くないと思われるので、他人とかぶることも少ないのではないでしょうか。

所有満足度も高そうですね。

IWC ポルトギーゼ ヨットクラブ

2本目は、IWC ポルトギーゼ ヨットクラブ。

お値段の方は、830,000円。

IWCの人気モデル、ポルトギーゼシリーズの中でもさらに人気の高い、ヨットクラブ。

スポーティーなデザインが人気のモデルですね。

クラシカルなデザインのポルトギーゼが多い中、こちらのモデルはオンでもオフでも違和感なく使えるのではないでしょうか。

オフでも着けられると、やはり使い勝手もよくていいですね。

ロレックス エクスプローラー 1016

3本目は、ロレックス エクスプローラー 1016。

お値段の方は、1,898,000円。

1985年製ということで、最終モデルでしょうか、かなり後期のモデルになりますね。

この年代のモデルで、3年前に日本ロレックスでオーバーホールを受け、その後、ほとんど使用していないミントコンディションのモデルは、世界中探してもそうそう出てこないのではないでしょうか。

探してもなかなか出てこないようなモデルとの出会いというのは、まさに一期一会、迷っている暇はありません。

こういったモデルがポンと出てくるのも、トケマーの魅力ですね。

ブレゲ アエロナバル

4本目は、ブレゲ アエロナバル。

お値段の方は、550,000円。

コンプリート仕上げ後、未使用ということで極上品のアエロナバル。

ブレゲがこのモデルを復刻した当時は、かなり話題になり、世界中で売れに売れましたね。

もちろん、現在でも人気のモデルで、日付表示のないすっきりとした文字盤はファンも多いモデルになります。

パイロットウォッチの復刻版ということで、ミリタリー系のものが好きな方にもおすすめですね。

フライトジャケットなんかとの相性も抜群ではないでしょうか。

ブレスレットを装着していますが、ブラウンレザーのストラップを着けても、とても似合いますよ。

IWC インヂュニア

5本目は、IWC インヂュニア。

お値段の方は、400,000円。

現在は廃番になっていますが、確か15年ほど前に復刻されたインヂュニアシリーズ。

私もこのモデルを買おうと思って、当時、コツコツと貯金していたものです。

結局、縁がなく買わず仕舞いでしたが、それでもこのデザインは今見てもかっこいいですね。

未使用品ということで、状態は文句ないといったところでしょうか。

お値段も比較的、安く設定されていますので、下手に新品のものを買うよりも、お得な買い物ができるかもしれませんよ。

まさに、これは買いな1本と言えるのではないでしょうか。

ヴァシュロン・コンスタンタン オーヴァーシーズ

6本目は、ヴァシュロン・コンスタンタン オーヴァーシーズ。

お値段の方は、1,600,000円。

スモールサイズとありますが、37mmですので多くの日本人にとってはむしろ、ジャストサイズという方も多いのではないでしょうか。

ヴァシュロンのオーヴァーシーズと言えば、パティック・フィリップのノーチラス、オーデマ・ピゲのロイヤルオークと並ぶ、ラグジュアリースポーツウォッチの最高峰と個人的には思うのですが、なぜかこのオーヴァーシーズだけは他のモデルに比べて、比較的手に入れやすい価格なのでございます。

そういう意味では、非常にお買い得な、これは買いな1本ではないでしょうか。

貪欲に進化を続ける定番


SSケース、自動巻き、42mm径、200m防水。52万5000円/ブライトリング(ブライトリング・ジャパン 03-3436-0011)
ブライトリング/スーパーオーシャン ヘリテージ B20 オートマチック42

空の雄ブライトリングもダイバーズをいち早く手掛け、海の覇権を握ったブランドのひとつだ。

そのスタートは1957年に遡り、当時ダイビングは軍用や海洋探査からレジャースポーツとして一大ブームとなり、増大したダイバー向けに画期的な200m防水を備えたコレクションを発表した。

そのオリジナルのデザインを再現したのがこのヘリテージラインだ。



こちらはメタルのブレスレットタイプ。SSケース、自動巻き、42mm径、200m防水。56万円/ブライトリング(ブライトリング・ジャパン 03-3436-0011)
針の意匠や立体的なインデックスは継承しつつ、先進技術を注ぎ、ベゼルリングにはセラミックスを採用し、耐傷性や耐久性も優れる。

さらにその象徴となるのがキャリバー20の搭載だ。チューダーとの共同開発と、新興ムーブメント会社ケニッシの製造により、約70時間のパワーリザーブを誇る。これも従来の汎用ムーブメントに制約されることなく、理想とするムーブメントを求めた結果だ。

チューダーはロレックスの品質と信頼性を擁することでも知られ、新世代の技術提携への期待も高まる。


ティファニー、ブルガリ、カルティエ…… ハイジュエラーによるドレスウォッチ


SSケース、39.5mm径、自動巻き。99万円/タサキ 0120-111-446
TASAKI
タサキ/バランス
日本を代表するハイジュエラーのタサキが、アイコンであるジュエリーシリーズ「バランス」のモチーフをオリジナルウォッチに展開した。

円形ケースをバランスボールに見立て、上下にはバー状のラグを備える。ラウンドケースと調和させた構築的な幾何学デザインに、静謐な和のモダニティが漂う。2針スモールセコンドという削ぎ落とした機能には、スイスのヴォーシェ社と共同開発した自動巻きムーブメントを搭載。

ひけらかさない美学に品格が宿る。



K18PGケース、38mm幅、手巻き。196万9000円/ショーメ 03-5635-7057
CHAUMET
ショーメ/ダンディ
ショーメは、名門グランサンク(パリ5大ジュエラー)のひとつとして知られる。しかしその魅力は決して女性たちだけのものではない。「ダンディ」は、まさに洗練された男のドレススタイルを表現する。

優美なクッションケースに、ダイヤルにはシャープな水平ラインとともに、アイコンであるバヤデールストライプをさりげなく刻む。これは1970年代に英国軍が採用したパターンであり、タキシードの側章を思わせるエレガンスと男らしさを両立するのだ。



SS×K18PGケース、41mm幅、自動巻き。86万9000円/ブルガリ(ブルガリ ジャパン 03-6362-0100)
BVLGARI
ブルガリ/オクト ローマ
今や「オクト」は、コレクション名が示す八角形のモチーフとともにブルガリのアイコンウォッチとなった。その魅力の幅を広げ、2017年に登場したシリーズが「オクト ローマ」だ。

八角形と円の織りなす美しいデザインを継承しつつ、シンプルな面造形にすることでドレッシーさを増し、フォーマルにも向く。さらにベゼルを従来のワンピース構造から別体にすることで、異なる素材や仕上げによるエレガンスなコンビカラーを実現しつつ、そこにも力強い存在感を秘める。

【関連記事】​​​​​​​: ブランド時計コピー専門店

オリンピックの現代五種の選手が好きな腕時計おすすめブランドおすすめ。

「セイコー」は日本を代表する時計メーカー。1969年に世界で初めてクォーツ式時計を開発したことから、時計産業の歴史を大きく変えたメーカーとして世界的に有名です。

ビジネス腕時計においては「ブライツ」「プレザージュ」など、さまざまな人気シリーズがラインナップしているので、ぜひチェックしてみてください。

セイコー(SEIKO) ブライツ SAGA283

グローバル志向のビジネスパーソン向けモデルが揃う「ブライツ」シリーズの腕時計です。ロレックス 偽物ケースやバンドの素材はチタン製。チタンの表面には傷付きにくくするためのダイヤシールド加工が施されています。

日本・中国・アメリカ・ドイツ・イギリスに対応した電波ソーラー機能を備えているのも特徴。さらに、世界25タイムゾーンに対応したワールドタイム機能や、2つの地域の時刻を表示するデュアルタイム機能も備えています。

清潔感のある上品なデザインも魅力。海外に旅行や出張をする際にも重宝する、30代におすすめのビジネス腕時計です。

セイコー(SEIKO) プレザージュ SARX051

スーツだけでなくドレッシーな服装とも合わせやすい、トノー型のビジネス腕時計です。ホワイトの琺瑯ダイヤルを採用することで、上品であたたかみのあるデザインに仕上げています。

ムーブメントは自動巻き。ケースの裏側は自動巻きムーブメントの精巧な動きを鑑賞できるシースルーバック仕様です。ロレックス腕時計修理また、5気圧防水や耐磁性も備えているのも特徴。水気や磁気に弱い機械式腕時計に不慣れな方でも、神経質にならずに普段使いできます。

クロコダイルの革バンドもおしゃれ。レトロなデザインが好みの方におすすめのビジネス腕時計です。

オリンピックのタンカー選手が好きな腕時計おすすめです。


ロレックス、デイデイト。

お値段の方は、3,580,000円。

個人的にいつかは欲しいと狙っているロレックス、デイデイト。

とりあえずこれさえ持っときゃ他は何も要らない的なオーラを感じさせてくれます。

少し違和感を感じるなと思ったら、ロレックス腕時計メンズインディックスにバケットダイヤモンドがあしらわれております。

さりげなくも、かなりゴージャスなモデルですね。

金無垢の時計と言えば、周囲からはひかれるかもしれませんが、デイデイトに関して言えば、上品な雰囲気なので個人的には問題ないかと思います。


ブランパン、フライバック・クロノグラフ。

お値段の方は、438,000円。

正規コンプリートサービスにて、オーバーホール済みということで、それだけでもおよそ10万円近くコストがかかっておりますが、お値段40万円ちょっとということで、こちらも非常にお買い得モデルではないでしょうか。

ケースサイズが33mmということですが、個人的に小ぶりなクロノグラフが好きなので、これはかなり惹かれますね。

比較的、手首の細い人が多い日本人ですから、かなりかっこよく着けこなせそうです。

新社会人・新成人におすすめの本格高級時計


ホーム 時計オメガ 月々約5,000円?!新社会人・新成人におすすめの本格高級時計
時計/WATCH
2021/6/5

月々約5,000円?!新社会人・新成人におすすめの本格高級時計

寒かった冬が去り、徐々に暖かくなってきた今日この頃。桜も咲き始め、春の陽気を感じられる時期になりました。そして春と言えば新生活!新たな人生のスタートと言うことで、今回は新社会人および新成人の方に向けたおすすめの本格高級時計をご紹介いたします。

また今回は時計のラインアップだけでなく、併せて数10万円する高級時計を無理なく手に入れる現実的な方法もご紹介!「そろそろ本格的な時計を手に入れたいけど、現実的に考えて一気に数10万円の支払いをするのはちょっと・・・」そんな方は必見です!

Gショックやスマートウォッチももちろんいいけれど、せっかく晴れて大人の仲間入りを果たすタイミング。今こそ大人のたしなみとして、本格的な腕時計を身に着けてみませんか?一足先に本物を腕にまとって一目置かれる存在になれるかもしれません!無理せず、しかし妥協せず、憧れの腕時計を現実のものにしましょう!

※価格は2021年3月現在のジャックロードの価格となります。予告なく変更となることがございます。予めご了承ください。

圧倒的な知名度・人気を誇るオメガやタグ・ホイヤー。いわゆる高級時計ブランドとしてイメージが浮かぶであろうブランドですが、どうせ買えないからと諦めてしまっていませんか?確かに一気に数10万円が財布から消えていくと考えると中々一歩踏み出すのは難しいものです。

しかし、これら本格的な高級時計が月々約5,000円で買えるとしたらどうでしょう?一括で支払うことを考えると躊躇してしまいそうな金額でも、月々の支払いが5,000円で良いとすると現実的なラインだと思いませんか?それを可能にするのはショッピングローンという選択肢。ショッピングローンとはいわば分割払い。ローンと聞くと中には敬遠してしまう方もいるかもしれませんが、高級時計の購入に至っては全く珍しい選択肢ではありません。

しかも当店・腕時計専門店であるジャックロードでは現在 ショッピングローン無金利キャンペーン を実施中!分割の支払いでも金利手数料が無料、一括で購入する場合と同じ商品価格で憧れのオメガやタグ・ホイヤーがゲットできます。

【関連記事】:業界ニュースをいち早くお届け

オリンピック柔道選手が好きな腕時計

大人気モデル「エクスプローラーⅠ」そっくりのルックスで人気を博した旧「エアキング」。現行「エアキング」は全く違ったデザインとサイズに進化しましたが、この「オイスターパーペチュアル」は旧モデルと似たルックスを持ち、旧型好きにはたまらないモデルといえるでしょう。ロレックス サブマリーナしかも、『ロレックス』の大高騰もあり、50万円台で新品の『ロレックス』が買えるのはもはやこれくらい。サイズは今となっては非常に小ぶりな34mmで、スーツの袖にスッポリと収まりますし、華奢な人にもおすすめできます。ロレックス 偽物何より、ダントツの知名度を誇る『ロレックス』ブランドの威力は強力で、どこへ行ってもイバリが効くのがうれしいですね。

『ブライトリング』はもっとも有名なパイロットウォッチブランド。腕時計というより計器、といわれるほどの精巧さで、腕時計好きを魅了してきました。この「クロノマット」は、メカメカしい印象があるパイロットウォッチにおいて、鏡面仕上げベゼルや丁寧な仕上げが施された5連ブレスの採用によって、ラグジュアリーな印象を持醸しだしモデルです。したがって、スポーツモデルながらエレガントなスーツにも対応できるのです。


特にヨーロッパにおいて、もっともメジャーな腕時計ブランドの1つが『ティソ』。1853年に創業した歴史あるスイスブランドながら、4万円以内で買えるエントリーウォッチから50万円を超える高級ラインまで揃える巨大メーカーです。豊富なラインアップを誇る『ティソ』において、20代にはやはりスイス時計らしく機械式がおすすめ。しかも、モータースポーツをイメージしたアクティブなクロノグラフなら、腕元を若々しく彩ってくれます。10万円を超えますが、スイス製クロノグラフムーブメントを積んでこのプライスなら、納得といえます。

父の日にオリンピックの水泳選手が父の腕時計を贈る

クロノマスター アビエイター シー ダイバーは、昔も今も、全ての人に愛されることを試みた時計ではあるが、おそらくほとんどのものよりはうまくいっているのではないだろうか。クラシックな2レジスタークロノグラフの何から何まで全てのものを、100mの防水機能と友に時計に詰め込もうとした(そして、試みている)ものとしては(ダイバーズウォッチの技術要件を満たさないのは、双方向回転ベゼルだけ)、クロノマスター アビエイター シー ダイバーは、バウハウス風の自己抑制の例としてではなく、少なくともアナログな情報を一貫した形で伝えるために、ベストを尽くした時計であることは間違いない。ウブロ 時計 評判デジタル表示が主流だった時代のデザインであり、ひと目でアナログ表示を読み解くことがサバイバルスキルだったことを思い出すと、この時計のデザインはとても良いと思うのだ。60分/12時間回転ベゼル、インナータキメーター、クロノグラフの30分積算計には赤いヨットタイマーのカウントダウンセグメントがあり、オリジナルモデルの象徴的な存在となっている。

ADVERTISEMENT

新しいクロノマスター アビエイター シー ダイバーは、バトン針かドーフィン針を選択可能だ。

 自動巻きモデルと手巻きモデルいずれも防水機能は100mで、サファイア風防を備え、スーパールミノバが施されている。2つのバージョンの主な違いは厚さだ。セリタ SW-510 M BH Bを使用した手巻きバージョンは38mm x 14.25mm、セリタ SW-510 BH Bを使用した自動巻きバージョンは厚さ16.25mmである。価格は非常にリーズナブルで、ストラップの手巻きモデルは1600ユーロ(約19万5000円)からで、ブレスレットの自動巻きモデルは2000ユーロ(約24万4000円)となっている(ヴィンテージオマージュウォッチの熱心な愛好家にとっては、ストラップの手巻きモデルがお好みなのではないかと推察する)。


 クロノマスター アビエイター シー ダイバーは、期待どおり忠実にコピー&ペーストされているが、アンタークティックの直径は、38mm x 11.5mmで1950年代のオリジナルモデルよりやや​​大きい。しかし、ケース径34 mmの時計は、今の時代に販売するのは難しいだろう。かつては探検家の時計として、いかなる追加の荷物も利点とは考えられていなかったであろう1950年代半ばと今は時代が違うのだ。


 日付表示ありモデルと日付表示なしモデルの両方で、アンタークティックは直径38mm、厚さ11.5mmで、SW200自動巻きムーブメントを搭載している。それ以外は、クロノマスターと同様に、デザインは多かれ少なかれオリジナルに完全に忠実であり、また、サファイアクリスタル、100mの防水性能、そして同じく非常に魅力的な価格設定がなされている。ストラップ付きアンタークティックの日付表示なしバージョンは650ユーロ(約7万9000円)から始まり、最も高価なものでは日付表示付きのブレスレットのモデルもあるが、それでも850ユーロ(約10万4000円)である。


 非常にリーズナブルな価格のヴィンテージデザイン復刻版でモダンなムーブメントを使用した時計に対して特に哲学的な異論がない限り、これらの時計の欠点を見つけるのはかなり難しいのではないかと思う。これらの時計は、市場が何を求めているのかだけでなく、良いヴィンテージウォッチを魅力的なものにするために何が必要なのかを知っている人々によってデザインされ、作られている。
 そしてこれら2つは同じものではないのである。「モダンなテイストでクラシックなデザインを更新する」ことは、しばしば「愛好家を遠ざけるように彼らにとってのみ魅力的なものを排除すること、しかし単なる満足のいくモダンな時計にならない程度にそれを保つこと、したがって八方美人になろうとすることで誰も喜ばせることにならないこと」を意味する場合が多いのだが。とにかく思い切って買いたくなってしまうような価格のカッコいいヴィンテージウォッチの新たなバージョンである。

ニバダ グレンヒェン アンタークティック:ケース、316L ステンレススティール、38mm x 11.5mm、ラグからラグ45mm;ソリッドケースバックに英雄的な探検家のように感じさせるクールな彫刻が施されたメダリオン付き。サファイアクリスタル、100m防水。ドーフィン針。ムーブメント、SW200、振動数 2万8800振動/時、26石、ハック機能、38時間パワーリザーブ。価格:650〜850ユーロ(約7万9000~10万4000円)、ブレスレットまたはストラップのオプションによる。 

【関連記事】​​​​​​​: 流行の単一の製品ど最新の組み合わせ

オリンピックの水泳選手が好きな腕時計


他にはない機能を求める男性にぴったりなのが、こちらのセイコーのSBJS010 腕時計です。斬新な機能に加え、洗練されたデザインの腕時計が、特別感を与えてくれます。

音声報知機能付きの腕時計で、フロントボタンを押すと、現在時刻やアラーム時刻を音声で知らせてくれます。ベルトと文字盤は深みのある赤で、ケースはシルバーとゴールドが用いられており、華やかさを演出しています。

とてもおしゃれなデザインのため、ファッショナブルなものを好む男性へのギフトにおすすめです。使われている赤は、落ち着いた色なのでスーツとの相性もよく、オンでもオフでも活躍します。



ジョルジオフェドンは革製品が有名なイタリアのブランドで、腕時計に合わせて厳選された高級感あふれる本革ベルトが自慢です。毎日身に着けるものなので、実用性以上に品質に配慮されて作られています。

また、ムーブメントは日本製で精度が高く、5気圧防水機能付きのためデイリーユースも安心です。時間と針の部分には蓄光塗料が塗られており、薄暗いなかでも正確な時間を知ることができます。

さらに、カラーは6種類あり、男性にはブラックやブラウン、女性には華やかなパステルピンクやエメラルドグリーンが人気です。高級感があるブランド専用ボックスが付属しており、別料金でおしゃれなギフトラッピングも注文できます。


【関連ブランド】:ウブロ(HUBLOT)の腕時計製品一覧

6度目の世界記録を達成したブルガリのコンプリケーション


大胆かつ巧妙に組み込んだクロノグラフ機構
ブルガリは2000年以降、ムーブメントパーツやケース、ダイヤルなど時計製造に関するすべての垂直統合を図ってきた。“ウォッチメーカー”ブルガリの、生産能力と技術力の高さは、今やスイスでも屈指。その実力は近年、主に薄型ムーブメントに注がれてきた。まず2014年、手巻きトゥールビヨンで世界最薄を達成。以降、次々と世界最薄を実現し、2020年には、この自動巻きトゥールビヨン クロノグラフで 6度目の世界最薄記録を樹立した。ケース厚7.4㎜、ムーブメント厚3.5㎜と、ともに極薄である。

ダイヤルは2つのカウンターを除きフルオープン。6時位置のトゥールビヨンは、ブリッジで支えられている。薄さを求めるなら、ブリッジがないフライングトゥールビヨンが有利だ。しかし、ダイヤル側にブリッジを敢えて用いた理由は、裏側を見ると分かる。トゥールビヨンの背面には、V字型パーツが重なっている。V字の一端がコラムホイールと接続していることから分かるように、これはクロノグラフ用のレバーである。パネライ時計 ルミノールその動きがトゥールビヨンに悪影響を与えないよう、ダイヤル側のブリッジで頑強に支えたのだ。裏側中央部には、秒・分のリセットハンマーが横たわる。クラッチは、薄くコンパクトにできるスイングピニオンによる水平クラッチ式。実に巧妙にトゥールビヨンとクロノグラフを組み合わせながら薄型化が図られた。

2つのボタンが備わるが、クロノグラフはワンプッシュ式。下側のボタンはリューズの巻き上げ・針合わせの切り替え用だ。これは既存の技術の流用。ペリフェラルローターで薄型化を図る際、リューズの切り替え機構をボタン式にしてオフセットさせ、さらに厚さを削ったのだ。ダイヤル4時位置には、コラムホイールにも似た切り替え車が見える。

こうした秀逸な工夫を凝らした設計に加え、自社製パーツの高い加工精度が、6度目となる世界最薄記録樹立を支える。

【関連記事】:世界的に有名なラグジュアリー関連製品と情報

チューダー ブラックベイ セラミック 初めてチューダーでMETAS認証を受けた時計





最新のチューダー ブラックベイは、同社がこれまでに発表した中で最も技術的に優れた時計でもある。チューダー初、というよりオメガ以外で初めてMETASによる認証を獲得した時計なのだ。


チューダーはこのところ、ブラックベイ フィフティ-エイトは、18Kゴールドやスターリングシルバーバージョンなど、驚くべき勢いで新作を出し続けている。カルティエ 時計そのうえ、今回、もうひとつのサプライズを発表した。ブラックベイ セラミックである。これは、フルセラミックケースとセラミックベゼルインサートを備えたブラックベイで、新しいムーブメントであるCal.MT5602-1Uも搭載されている。


 この時計の最も注目すべき特徴は、目に見えない部分にある。2015年、オメガと共同で腕時計の新しい認証規格を開発したスイス連邦計量・認定局(METAS)の認証を受けた、チューダーの初の腕時計なのだ。METASの認証を受けるには、スイス製であること、COSCを取得ていることに加えて、さまざまなテストに合格する必要がある。具体的には、6つの姿勢差での精度検査、2つの異なる温度下、2段階の異なるパワーリザーブ残量状態(100%と33%)、防水性、パワーリザーブの長さ、そして最も重要な耐磁性のテストが課されるのだ。新しいブラックベイ セラミックは、少なくとも1万5000ガウスまでの耐磁性を備えており、日常生活における磁気に対する完全な耐性を実現した。


 この新しいムーブメントはオールブラック仕上げで、タングステン製の巻き上げローターも含めて、オールブラック仕上げとなっている。


 METAS認証のためのすべてのテストは、ジュネーブのチューダー本社で行われる。さらに、もうひとつ初の試みは、文字盤上にある。このモデルは、ブラックベイとしては初めて文字盤に「Black Bay」と記されている。HODINKEEのダニー・ミルトンは、「通常、文字盤には水深表示(なくなった)と『Chronometer Officially Certified』(なくなった)が書かれている。ダイヤル上の文字列が3行から2行になったことで、みんながより好む見た目になったと思う」と語った。

ファースト・インプレッション
 実は、セラミック製のブラックベイはこれが初めてではない。その栄誉は、2019年に開催された「Only Watch」オークションのためにチューダーが製作した時計に与えられたのだ(このオークションは2年に1度開催され、収益は筋ジストロフィーの治療やその研究に役立てられる)。その時計は「ブラックベイ セラミック ワン」という名で、35万スイスフラン(約4252万6000円)で落札された。しかし、今回のブラックベイ セラミックは、セラミック製のチューダー ブラックベイとしては初の通常生産モデルとなる。

 また、これまでMETAS認証を独占してきたオメガ以外に、その認証を取得した時計を製造するのは初めてのことである。


 チューダーがMETAS認証を取得した時計を製造することは、理にかなったことだと思う。ひとつには、チューダーが機械式時計の技術的な最先端にいることを意味し、他のブランド、特に50万円以下のスポーツウォッチやダイビングウォッチを製造しているブランドに対して、非常に強力な競争力のある価値提案をしている。
 また、チューダーと兄弟会社であるロレックスとの差別化も図られており、これは今後ますます重要になるだろう。チューダーは近年、クラウン(ロレックスの愛称)とは一線を画したデザインを提示するスタイルが確立されてきており、自社キャリバーシリーズは他とは異なる特徴を備えている。チューダーのムーブメント(ケニッシ社製)はいまやMETAS認証を取得しており、消費者にとって大きな利点をもたらすこととなったのだ。


イタリアンスタイルでワンランク上のおしゃれを

ジョルジオ フェドンは、1919年のイタリアでメガネケース専門ブランドとして設立されました。現在では、レザー小物をはじめとしたさまざまなアイテムの生産を行っています。

クラシックなテイストでありながら、おしゃれに敏感なイタリアらしい独創的なデザインのメンズ腕時計は、職人の伝統技術を継承した精密な内部構造にも信頼性があります。

スタイリッシュな文字盤や、使い込むほどに味わいを増すイタリアンレザーのベルトなど、魅力的なディテールも楽しんでください。


デザインのラインナップが豊富な高精度腕時計

1875年にアメリカで創業されたブローバは、高精度のかっこいいメンズ腕時計を展開している人気ブランドです。

ビジネスシーンで使いやすいスタイリッシュなものやカジュアルな文字盤デザインのものなど、豊富なラインナップから選ぶことができます。
また、男らしいワイルドな雰囲気をプラスできる商品が多いところも嬉しいポイントです。

印象が異なるたくさんの腕時計のなかから、気に入るデザインのアイテムを見つけてください。

【関連記事】:シンプルな腕時計はどんなファッションにも合いやすい

ページ移動